※カカシと水路に関しての最新記事は下リンクです。
  
  
 本記事は古い情報となっています。



以前カカシと水路は必要なのか検証しましたが、その後に大型アップデート等があったため、カカシについてのみもう一度検証してみました。

以前の記事はコチラ「[家庭菜園]カカシと水路は必要なのか検証してみた」です。


1.実験

実験の条件は以下となります。
作物特級ニンジン(1マス作物)
場所カルフェオン東門付近のチューリップ畑・ひまわり畑
栽培レベル職人1

そして次の手順を踏みました。

(1)強いフェンス4つを田の字に並べ、片側2つにはカカシを設置、もう片側2つには何も設置せず。
(2)なるべく100%に近い状況の作物を収穫、110%以上は品種改良をする。
(3)カカシ設置有無それぞれについて1苗あたりの平均収穫量、種収穫量を計算する。


2.結果

それぞれ50回試行した結果です。


まず特級ニンジンの収穫量は以下となります。
赤太字で書かれている数字は、一度の収穫で同種類の収穫物を2セット獲得したことを示しています。

ninjinkakasisyukaku

カカシありの平均は29.64、カカシ無しの平均は30.06となり、ほぼ変わらない結果となりました。


次に品種改良時の種と自然の実収穫量は以下となりました。

ninjinkakasitane

こちらもカカシありと無しで大差はない結果となりました。


カカシで1マスとられてしまうことを考えると、今のところもまだカカシの必要性は薄いと言えそうです。